日記

10代少女の間でチック症が増加中。原因はコロナ?TikTok?

tiktok

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が始まって以来、体がけいれんしたり、突発的に声を発したりする「チック症」によって病院を訪れる10代の少女が増えている。

yahooJAPANニュースより

ナニィ!?コロナの副作用がこんなところにも!?
いや、ワクチン接種が原因かもしれん・・・
全ては、コロナのせい!コロナ!コロナ!新型コロナ!!(ガルルルル!!

え、違うの?

チック症とは?

チック症(チック障害)には運動性チック症、音声チック症があり、本人の意思とは関係なく体の一部の速い動き(まばたき・顔をしかめる・首を急激に振る)や発声(咳払い、鼻を鳴らす、舌を鳴らす、「シュー、ンー」といった音を出す)を繰り返すといった状態が一定期間続きます。
子供の10~20%に何らかのチック症がみられるとされており、一時的に出現して2~3カ月で消えていく場合と、軽くなったり重くなったりして何年か続く場合があります。

メンタルクリニックいたばしより

日常の挙動がおかしくなる症状ってことなのかな?

チック症の原因は・・・

運動障害疾患を専門とする医師らは当初、困惑した。
チック症を患う少女は珍しい上、それら10代の子どもたちは症状の数が異常に多く、発症は突然だった。
米国、カナダ、オーストラリア、英国の一流の小児病院の専門家が何カ月にもわたって患者を調査し、互いに協議した結果、少女たちのほとんどに共通点があることを発見した。
動画共有アプリ「TikTok(ティックトック)」だ。

医学誌に最近掲載された多数の記事によると、トゥレット症候群だと自ら話すティックトックのインフルエンサーの動画を少女たちが見ていたことを医師は発見した。
トゥレット症候群とは、不随意(本人の意思とは無関係)に繰り返し特定の動きをしたり、音を発したりする神経系の障害だ。

yahooJAPANニュースより

動作や行動は伝播するってこと?

心理的なストレスによる肉体的な症状は、患者が以前目にした他の人の症状と同じように現れることが多い。
同氏が過去に診た非てんかん性の発作を経験した患者は、ほとんどの場合、てんかんを患う親族の発作を目撃していた。

インフルエンサーの真似をしたい!
って真似してたら自分もチック症になってしまったというオチ。

まとめ:病気は伝播する

身体的な病気も人に伝染するんだな・・・
自分のなかで驚きの内容だった。

僕も、様々な人の影響で今の人格が形成されているわけだし、他人の影響ってどうしてもうけてしまうものだよね。
であれば、より良質な情報を取捨選択して行けるようになりたいよね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。