旅行

埼玉県から下道で青森県を目指す旅。真ん中ルート二日目。まこと、上杉神社、上山城、山寺、秋の宮温泉郷

山寺の山頂より

二日目は、会津若松~秋田県。
走りやすい道たちが続き、天気にも恵まれストレス無く運転できました。

一覧

一日目
二日目←イマココ
三日目

朝食~喜多方ラーメン:まこと食堂~

喜多方ラーメン、まこと食堂
https://tabelog.com/fukushima/A0706/A070601/7000008/
”まこと”って、読めねぇ・・・

場所

福島県喜多方市小田付道下7116

感想

喜多方ラーメンは朝ラーメンが有名だということで、
7:30オープンを目指してホテルを後にした。
会津若松から喜多方へは、有料っぽいけど無料な国道121号バイパスを。
とても走りやすい道で予定より早く着いてしまったぜ。

喜多方ラーメン、まこと屋
喜多方ラーメンは『まこと食堂』の近所の『坂内食堂』というところで食べたことがある。
まこと食堂は、坂内食堂より濃いスープのようだ。美味い。
朝ラーメン、有りだな!

まこと食堂伝票
ちなみに伝票。
旧値段、透けてみえちゃってるよ!?
※全体的に50円の値上げだった模様。

上杉神社

上杉神社
http://yamagatakanko.com/spotdetail/?data_id=1390

場所

山形県米沢市丸の内1丁目4

感想

国道121号線、ホント走りやすい。
予定時間を大幅短縮して到着。

上杉神社はその名の通り、上杉謙信を祀った神社。
ふむふむ、上杉鷹山(ようざん)という方も有名なようだ。

というか、鷹山すごくね!?
上杉博物館(410円)も鷹山推しだったような・・・?

上山城

上山城
http://kaminoyama-castle.info/

場所

山形県上山市元城内3−7

感想

城内は資料館として機能している(410円)。

上山城は、最上氏の最南端の城塞であり、米沢の伊達氏や上杉氏との攻防の舞台となりました。
最上家改易の後は歴代藩主の居住となりましたが、城下町まで含めた諸施設が整ったのは土岐氏の治政下で、月岡・天神森にそびえる壮麗な城郭は「羽州の名城」として広く知れわたりました。
しかし、元禄五年(1692)土岐氏の転封と共に、幕府により取り壊され、現在は堀跡や石垣が当時の名残をとどめています。
現在の上山城は、映像など多彩な展示方法を取り入れた郷土資料館です。

地面に上山城の東西南北を海外まで伸ばすとどの国にぶつかるかが書いてあった。
北:ロシア
当たり前なんだよなぁ

もう一つ面白かったもの。
スカイタワー41
天守閣から見える景色に一本だけそびえるマンション。
その名も『スカイタワー41』。
名前の通り41階建ての超高層マンション。
需要は高いようだ。

昼食~山寺のふもと:まいどや食堂~

まいどや食堂
https://tabelog.com/yamagata/A0601/A060101/6002137/

場所

山形県山形市山寺4430

感想

山寺を登る前の腹ごしらえ。
名物の玉こんにゃくと、芋煮を食べたいと思っていたらありました。
芋煮手打ちそばセット
芋煮手打ちそばセット(1,350円)!
前菜(胡麻和え、おしんこ、玉こんにゃく)は先に出たので少し食べてから写真を撮った。
本当はもう少しボリューミーだよ。

窓際の席に座れたので川を見ながらの食事。贅沢です。

山寺

山寺

場所

山形県山形市山寺4456−1

感想

松尾芭蕉が『閑さや岩にしみ入る蝉の声』の句を詠んだ寺として有名な場所。

校外学習に来ていた中学生の集団といっしょにヒーコラ登った。
途中、見晴らしの良い施設に到着し、ここで終わりだ~
なんておもったら奥の院があるというね・・・

辛いぞ、辛いぞ!なんて脅されていたけど、登ってみると余裕だった。
まぁ、これをお盆の時期にやったら非常に辛いだろうなぁ

山寺への参拝を終え、後ろを振り返ると素晴らしい展望。
※今回のサムネイル

結局、俳句が刻まれた石碑?なんかは見つけられなかった。

下山後、川に降りて顔を洗った。
気持ちイイッ!!

本日の宿~秋の宮温泉郷:新五郎湯~

秋の宮温泉郷:新五郎の湯
http://www.yutopia.or.jp/~shingoro/

場所

秋田県湯沢市秋ノ宮湯ノ岱71

感想

前日の反省を生かし、最終観光地である山寺から電話した旅館。
夕食の提供はむりだけど、朝食なら可能だとのこと。
素泊まり4200円+朝食800円。

旅館自体は非常に寂れており、とても良い。
これはボロいんじゃなくて寂れている。いいね?

こういう時代に取り残された(良く言えば、古き良き風情を保っている)施設って好きなんだ。

後で個別レビュー書こう。
書いた

本日の夕食~コンビニ飯~

新五郎温泉での夕食

購入場所

秋田県湯沢市小野新田83−1

感想

なぜ場所を表示しているかというと、周辺施設で食料を買うことが出来ないから。
宿に行く前に最寄りの奥州本線、横堀駅周りの繁華街で食料を買いこむ必要がある。
※15km以上も離れている。
素泊まり時は注意だ。

ちなみに、宿は湯治場として機能しているので、自炊することも可能。
電子レンジも使える。
それを知っていればまた違った食料をチョイスしていたことだろう・・・

それでも旅先で食べると、
食べなれたコンビニメシでも一味違う。美味しい。

まとめ

会津若松駅→まこと食堂→上杉神社
までの道のりは信号が少なくて、非常に走りやすい道だった。オススメ。
二日目の観光地は前日のホテルで決めたもの。
ネットに繋がっていれば行き当たりばったりでもなんとかなる。
良い時代になったものだ。

移動距離は、約254km。

三日目へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。