日記

運転手が気絶しても自動運転で走行する車の登場

車、自動運転

近未来的な運転事故が発生。
なんと、運転手が気絶したのに車がオートクルーズで自動運転するという事態に。
警察が来る前の前に立ちふさがり、進路を妨害。
自動ブレーキで事故を未然に防いだのであった。

twitter-オートクルーズ事故

不謹慎だけれど、スゲー未来を感じる事故だなと思ってしまった。

時代が追い付いてきた?

僕が上記の事件を見て思ったこと「攻殻機動隊じゃん・・・」
そう、アニメ『攻殻機動隊SAC 2nd GIG』にも似たような話があるのです!

2nd GIGの第4話「天敵 NATURAL ENEMY」より、
合同軍事演習中にAIヘリが暴走する話。
パイロットがヘリの中で死亡したけど、生命反応が微妙に残っていてAIが生命維持を優先させて自動反撃し出すって話。
最終的にはスナイパーがパイロットをピンポイント狙撃して確実に射殺。
AIがパイロットの死亡を確認してヘリは墜落することもせず基地に戻っていく・・・

って話なんだけど、今回の事故動画をみて、まさにこれだと思っちゃったよ。

まとめ:時代がSFに追い付いてくる

今後も今回のような事故?事件?が増えてくるんだろうなーと思うと、ワクワクしちゃう。
今回のだって、重大事故をAIのお陰で防げたってことだよね?
まだまだ実用化が怖いけどさ、確実に我々の未来を明るくしてくれるAI技術!
もっと、面白い技術が出てきて、
もっと、僕を楽にさせてくれ~っ!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。