小説

【店長がバカすぎて】覆面作家大西賢也は誰だ?【早見和真】

『店長がバカすぎて』表紙

『店長がバカすぎて(早見和真 著)』の感想レビュー。

あらすじ

「幸せになりたいから働いているんだ」
谷原京子、28歳。独身。とにかく本が好き。
現在、〈武蔵野書店〉吉祥寺本店の契約社員。
山本猛(たける)という名前ばかり勇ましい、「非」敏腕店長の元、
文芸書の担当として、次から次へとトラブルに遭いながらも、日々忙しく働いている。
あこがれの先輩書店員小柳真理さんの存在が心の支えだ。
そんなある日、小柳さんに、店を辞めることになったと言われ・・・。

感想

2020年本屋大賞9位ということで読んでみた。
タイトルから察するに無能店長をひたすらバカにする平社員目線の
「あいつって使えなくてさ~」
「わかる、わかる」
的ななんの生産性も無い会話が繰り広げられる内容かと思ったら、
エッセイ集だったらそんなこともあるんだろうけど、これは小説。

無能店長にイライラするけど、
店長は無能っぽくふるまう有能なのか!?・・・もしれない。
と思わせてくれるところがよい。
各章のキーマンは店長。
どの章でも店長がひっかきまわす凄まじい行動力。
所々の行動力はすさまじく、正論を混ぜたパッションで相手を言いくるめる。

本当に店長は凄い人なんじゃ・・・
なんて思わせるけど、最後まで「でもどうなんだろう・・・」
お思わせる読了感。

これで本屋大賞二位だったらもっと面白かったかも(笑)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。