小説

【魔眼の匣の殺人】あなたは預言を信じますか?【今村昌弘】

小説『魔眼の匣の殺人』ハードカバー表紙

小説『魔眼の匣の殺人(今村昌弘 著)』の感想レビュー。

前作が面白かったので、
【屍人荘の殺人】ゾンビがでてくるけどミステリー【今村昌弘】
読みました。

ゾンビ研究の班目機関かと思いきや、
全国に様々な支部があった模様。

今回、比留子たちが訪れた施設は、預言者育成機関!
こいつら、いったい何がしたいんだろう?

あらすじ

その日、”魔眼の匣”を九人が訪れた。
人里離れたその施設の孤独な主は、預言者と恐れられる老女だ。
彼女は葉村譲と剣崎比留子をはじめとする来訪者に
「あと二日のうちに、この地で四人死ぬ」と告げた。
外界と唯一繋がる橋が燃え落ちた後、預言が成就するがごとく一人に死が訪れ、
閉じ込められた葉村たちを混乱と恐怖が襲う。
さらに、客の一人である女子高生も予知能力を持つと告白し---。
残り四十八時間。
二人の預言に支配された匣のなかで、生き残り、謎を解き明かせるか!?

預言を信じますか?

とある田舎村の奥地に繋がる橋を落とされて孤立した男女取り残された11人。
よくあるクローズドサークルだけど、ここに一つのエッセンスを加えることで味に深みが出てる。
それは、

「あと二日のうちに、この地で四人死ぬ」

という預言。
預言者は、今まで数々の事件を当ててきたサキミ様。
村の人々は預言を信じて一時的に村を出ており、
集まった男女も信じるもの、信じないものと別れる。

僕も、預言を信じるor信じない、どちらの可能性も考えつつ、
推理を進めていく。

といっても、当事者たちからしたらすごい怖いよ。
よく当たる預言者が預言して、早々に一人死ぬんだもんなー

そうすると、「同性が二人死ねば本人は助かる」
って思考になると思う。

そうなると、信心深い人が犯人なわけで・・・
とこっから先は読んでのお楽しみ♪

感想

クローズドサークルにひとつのルールを追加するだけで、
※そのルールは信じても信じなくてもいい
こんなに推理が難しくなるとは・・・

動機が占いからくるのも面白い。
初対面の人たちが殺人をする。
という場面にリアリティを出すのは難しいよね。

僕は、二日縛りの呪いが解けた後、
制約がなくなった後にもうひと殺人起きるかなーと思ったら、
また面白い展開が。

比留子さんの舌戦がお見事!
ある意味の殺人ではある。

今回は、次回作を含ませる終わり方をしたし、
班目機関の他の施設も気になるところ。

早く新作でないかなー
オススメです。
※前作より好き。

名前の覚え方

ミステリーで大変なのが登場人物の名前を覚えること。
前作同様、今回も登場人物の人物評と名前の掛け合いがあります。
これで陰の薄いキャラクターの認識もばっちりだぜ!

「昨日知り合った面子から整理しようか。
人数が多いけど、名前は憶えている?」
数か月前、比留子さんと似た会話をしたのを思い出す。
「大体は。比留子さんは下の名前まで覚えているんですね?」
「もちろん」
得意げに頷く。ならば聞かせてもらおう、比留子さんの人物記憶術。

師々田巌雄

気難しい社会学教授。

「覚えやすい人から揚げると大学教授の師々田巌雄かな。
いかにも厳しい先生っぽい名前だし、顔も厳めしいしね。
その息子の淳君は親に似ず純粋な性格をしているのに」

師々田淳

巌雄の息子。小学生。

「その息子の淳君は親に似ず純粋な性格をしているのに」

王寺貴士

容姿端麗で物腰柔らかな会社員。

「次にオートバイがガス欠になった王寺貴士。
小柄だけれど漫画に出てくる王族か貴族みたいなハンサムだよね。
病院に行ったら『おうじさま』って呼ばれるのかな」
昨日観察した限り、王寺はメンバーの中でも話しやすいタイプだ。
この状況に困惑こそしているが、誰とでも垣根鳴く話すことができ率先して消火器を運んだりベッドを辞退したりするなど、紳士的な気配りを見せている。
やや芝居がかった言い回しをする点なども王子を連想させる。

朱鷺野秋子

真っ赤な出で立ちの元好見の住人。

「それから好見の元住人だという朱鷺野秋子。
昨日の服装はコートも靴も見事な赤色だったね」

「よく見ると髪や爪も赤く染めていました」
朱は鮮やかな赤のことだし、秋子という名前もそれっぽい。

臼井頼太

『月間アトランティス』記者。

「そして『月間アトランティス』の記者、臼井頼太。彼はもう、薄い」
昨日の無礼な言動を思い出したのか、珍しく比留子さんが毒をこめてこき下ろし始めた。
「言動は軽薄だし、モラルも薄っぺらいし、髪も薄い!」

「なにもかもが薄いライター。臼井頼太。
名は体を表すという言葉がこれほど当てはまる人もめずらしい」
まあ、あそこまで露骨に失礼な言動をする人は記者でも相当珍しいと思うが。

神服奉子

サキミに仕える好見の住人。

「次に『魔眼の匣』の管理やサキミさんの世話をしている神服奉子。
神に服すと書いて”はっとり”と読むのは珍しいね。
奉じると書く名前といい、サキミさんへの忠誠心が篤い彼女にぴったりだよ」
まるでロボットのように表情を変えず、サキミに尽くす神服。
よくいえば嫣然としたたたずまいで、(中略)

「理性的に見える彼女が、預言者と呼ばれるサキミさんをあれほど崇めているというのは、なんだか理解しづらくて」
「言いたいことは分かるよ。実際、神服さんは橋が落とされたことにも動じていない。
落ち着きという域を超えているね」

サキミ

未来を見通す預言者。
「で、サキミさんに関してはまだよく分からない。
本名なのか通称なのか、やっぱり”未来視”からきているのかな」

十色真理絵

高校二年生。未来を見通す絵を描く予知能力者。

「まずは、十色真理絵。色鉛筆を繰り出来事を予見したような絵を描く女子高生。
謎の多い子だけど、昨日のうちに少しでも話せたのは収穫だったよ」
普段は明るく人当りもいいのだが、バス事故と橋の炎上、二度にわたって予知したかのような絵を描いたことに関しては口が重たく、偶然と主張している。

茎沢忍

高校一年生。十色の後輩、オカルト好き。

俺は最後の一人に言及する。
「茎沢、なんていう名前でしたっけ」
「忍。茎沢忍だよ」はやり即答。
「いまいちピンとこない名前ですね。
まあでも、彼は背が高くて痩せているし、植物の茎みたいだと思えばそうかな。どうです?」

「その”茎”は、英語でなんていうと思う?」
「は?」
「stalkだよ」
「ストーク?」
「そう。茎や柄を意味するんだ。また、同じ綴りで忍び寄る、付きまとうという意味もある」
忍び寄る。茎沢の名前は忍だ。
我知らず、ごくりと喉が鳴る。

「”茎”沢”忍”。どっちもストーク。
ふむ、なんだかつい最近同じようなことを口にしたきがする。
なんだっけ、葉村君?」
まだ根に持っていらっしゃいますか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。