小説

【52ヘルツのクジラたち】虐待された主人公と虐待されている少年【町田そのこ】

『52ヘルツのクジラたち』ソフトカバー表紙

『52ヘルツのクジラたち(町田そのこ 著)』の感想レビュー。

あらすじ

52ヘルツのクジラとは―他の鯨が聞き取れない高い周波数で鳴く、世界で一頭だけのクジラ。
たくさんの仲間がいるはずなのに何も届かない、何も届けられない。
そのため、世界で一番孤独だと言われている。

「わたしは、あんたの誰にも届かない52ヘルツの声を聴くよ」
自分の人生を家族に搾取されてきた女性・貴瑚と、母に虐待され「ムシ」と呼ばれていた少年。
孤独ゆえ愛を欲し、裏切られてきた彼らが出会う時、新たな魂の物語が生まれる。

感想

母親と義父に虐待されて育った主人公キナコ。
母親は息子のみを愛し、病に倒れた義父の看病をキナコに押し付けていた。
キナコは看病疲れで自棄になり街をさ迷っている所をアンさんに発見される。
アンさんは、心を弱っている人を見つけるのが上手でキナコも実家から救い出してくれた。

それでも、虐待の経験が正確に影響しているのに、キナコは行く先々で結構モテる。
職場で、田舎暮らし先で。
鬱屈とした正確なら顔に出ると思うんだけどなぁ・・・

逆に守ってあげたい。なんて思ってしまうのかな?
それでも、女性に苦労し無さそうな男が「あいつしかいないんだ!」
なんて生活を捨ててまでアプローチしてくるのは魔性の女感がある。

そんな男から田舎へ逃げたキナコは、虐待されている子供と出会う。
家族から呼ばれる名前は『ムシ』。
キナコからは『52(ごじゅうに)』と名付けられた。
どちらも微妙な名前・・・

52というのはタイトルにもあるように、クジラの泣き声。
ただし、クジラは通常39ヘルツ帯で会話するので52ヘルツの声は仲間の誰にも届かない。
声なき声で助けを求める音をあらわしてキナコは少年に『52』と名付けた。

そしてどうなるのか?

うーん、ご都合主義さを感じたけどまぁまぁ楽しめました。
不幸な人は不幸を呼び寄せるんだなぁ。
あと、子どもの育て方も大事だね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。