日記

お土産で貰った『エチゴビール』を飲む

エチゴビール

お土産で『エチゴビール』なる地ビールを貰った。
エチゴビール。はてさてどんなビール会社なのだろうか?

会社

日本においてクラフトビール(当時の呼び方は「地ビール」)が誕生したのは、1994年の酒税法の改正でビール製造免許を取るのに必要な最低製造量が大きく引き下げられたことで、中小の造り手によるビール製造が可能になったことがきっかけです。
このとき全国で一歩先んじてブルーパブを開き、日本で初めての国内製造クラフトビールとなったのがエチゴビールです。
つまりエチゴビールの創業は、日本のクラフトビールの誕生でもあります。

エチゴビールより

日本で最初の国内製造のクラフトビールだってよ!
なんでも最初の会社は居るけど、クラフトビールの最初にこんなところで出会えるとはね!

貰ったビール

エチゴビール

有機栽培プレミアムビール

緑ラベルのほう。
有機栽培の麦芽とホップのみで仕込みました。すっきりとした喉越しと、少し強めの苦味が特徴。
有機麦芽(ドイツ産)、有機ホップを使用。

香り:3
コク:3
苦み:2

ピルスナー

金ラベルのほう。
ピルスナーのオリジナルホップとされるチェコ・ザーツ産アロマホップを使用、麦芽100%、クラシックスタイルのラガーです。
大麦麦芽(イギリス、ドイツ産)、ホップ使用。

香り:3
コク:3
苦み:3

感想:ビールは一日一本まで

一回の晩酌で二本は飲めねぇ~っ
それほどにアルコールに弱いのです。
美味しくてゴクゴク行けちゃうのがエチゴビールの恐ろしいところ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。