小説

【孤島の鬼】恋人の死の真相は孤島にアリ【江戸川乱歩】

『孤島の鬼』表紙

小説『孤島の鬼(江戸川乱歩 著)』の感想レビュー。

あらすじ

密室状態での身寄り頼りのない恋人の死に始まり、その調査を依頼した素人探偵深山木幸吉まで、衆人環視のもとで殺された簑浦は、
彼に不思議な友情を捧げる親友諸戸道雄とともに、事件の真相を追って南紀の孤島へ向かうことになった。
だが、そこで二人を待っていたのは、言語に絶する地獄図の世界であった・・・!

感想

大きく分けて二つに分かれている。
一つは、本土での話。
恋した女性、初代が殺され操作していくうちに
密室殺人、衆人環視があるなかでの殺人と殺人事件のオンパレード。
そして、なぜ初代が狙われたのか?
初代の家系にまつわる秘密を手に、簑浦と諸戸は元凶の鬼が住む孤島へと向かう・・・

孤島では、様々な身体障碍者たちが暮らしていた。
しかしその障碍者たちは生まれつきの障碍者ではなくて・・・
そして、宝のありかを示すなぞの暗号。

孤島を支配し、諸戸の父であり、初代の仇でもある丈五郎。
箕浦は無事仇をとることができるのか?

前と後ろで作品の空気が全然違くて混乱してしまった。
孤島で冒険?をする話だと思っていたのに、一向に本土から出ないのでなんだこれは?って思っていたら、
あれよあれよと孤島へ赴き、洞窟探検の大冒険。

一冊でミステリーと冒険謎解きが楽しめる本!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。