考え方&名言

僕の幸福論から来る結婚観

ラブリング

バーベキューの後、バーベキューに参加できなかった奴らが夜飲もうって・・・
い、胃袋が壊れちゃーう!
頼むのは、さっぱりしたものやご飯ものを。
それでも飲め飲めって・・・酒は毒だ!俺は飲まんぞ!グビッグビッ

ウィ~昼も飲んだのに日本酒から初めてしまったァ~
すみませーん、赤ワインおかわり!

出産ラッシュ

僕は現在33歳。
ちょっと前に結婚ラッシュがあったと思ったら、
今度は出産ラッシュですわ。

まぁ、第一子、第二子の混合編成だけど。
令和元年生まれ狙いみたいなのもあるのだろうか?

飲み会に集まったメンバーは僕以外みんな結婚している。
子どもが居たり、妊娠していたり、妊活していたり。
みんな人生を謳歌していますなぁ~

そんな中、「レンゾーは結婚する予定はないの?」
という質問が。

わかりました。お話しましょう。
僕が持っている幸福論とそこから導き出された結婚観について!

・・・
・・

酔いも手伝って自分の哲学をベラベラ喋ってしまったが・・・ハズカシィ
頭で考えていたことを他人に伝えるのは難しい・・・
折角なので文章でも残しておこうと思った次第。

僕の幸福論

一言でいうと、自己完結。

なんかやる
→た~のし~
→段々上手になってくる
→もっと、もっとだ・・・
→た~のし~
以下、ループ

自己完結するから誰にも迷惑かけないし、
外的要因によって幸福度が下がることもない。
自分のエネルギーだけで循環させる、最強のエコであり、
自分の裁量次第でどうとでもなる、効率のよい方法。

これが、外的要因に幸福を求めるとなると、
・他人と比較する(収入とか、生活とか)
他人と比較しても上には上がいるんだから再現が無い。
自分が不自由なく生きれる収入があればよくないか?

・依存する(アルコール)
飲んでいて楽しいけど、慢性化すると身体にダメージが出てくる。
アルコール無しだと他人と一緒に居ても楽しめないの?

・依存する(他人)
仕事でもプライベートでも。
その人が居なくなったらどうするの?

などなど。

僕の結婚観

結婚や家庭から幸福感を得るということは、
妻や子という要因が影響をしていると考える場合、

これは幸福論から考えるに、
外部に依存していることになるのでは?
しかも一番危険な知的生命体に依存する項目に該当。
こ、これは危険ですよ・・・!

結論

以上が、僕が結婚に積極的になれない理由です。

つまり、僕は、
家族から得られる幸福よりも、
家族を失った時の絶望を回避しようとする、
ペシミスト(悲観主義)野郎。
ということです。

言い訳

僕は結婚”していない”だけで、
結婚”できない”んじゃないんだぞ!
・・・たぶん。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。