日記

首を切り落とされて脳は何分生きているのか?

首長族

首を切断された人間はどのくらい意識を保ったり、生命活動を続けることができるのだろうか?

僕が知っている知識で言えば、漫画『範馬刃牙』より、格闘家であり医者である鎬紅葉が語った実話から。

戦争中の兵士たちが敵国の捕虜になった時のこと。
全員の処刑が決定し、今まさに処刑されようとした時
捕虜側の隊長からとんでもない提案がなされる
首を斬られたあと、自分はその首を抱えて並べられた部下の前を走る。
自分が走りぬけられたその人数分、一人だけなら一人二人だけなら二人、全員の前を走りぬけられたら全員を助けてほしいと伝えた。
盛り上がった敵国側はそれを了承し、隊長の首を最初に切り落とした。
走ったのです部下全員の首を自らの首を抱えたまま
・・・実話です

実話なんだけど、実際問題、どのくらい生きられるのか?
研究結果があるので紹介しよう!
・・・疑っているわけじゃないよ

参考:ナゾロジーより

臨死体験

臨死体験をした患者についての話もある。
臨死体験を経験している間も意識があったというのだ。
心臓発作や心停止を経験した人たちが、蘇生術中に室内で何がおこっていたのかを詳述しているのである。
心臓は止まっているため、脳にも酸素は送られていなかったはずなのに、意識はあって周りの様子に気づいていたのだ。
また心停止後、30分経った脳で活動が見られたとする研究もある。
眠っているときやリラックスしているときに出現するデルタ波と呼ばれる脳波が見られた。

科学的には生きているってこと?

人間以外の場合

人間ではないが、切断後こういった筋肉が動いたとする記録もある。
頭部切断後20分たった毒蛇に、中国のシェフが噛まれて死亡したことが報告されているのだ。

首を切断されても生きていたとして有名なケースが、首なし鶏マイクである。
首のない状態でなんと、18ヶ月も生きたのだ。
切断の切り口が良かったのか、生命維持に必要な脳幹部分や片耳が残っており、自然にできた血栓によってうまく止血されたため、首のない状態で生き延びられたのだ。
生き延びただけでなく、普通の鶏のように歩き回りさえしたそうである。

人間の場合、生命維持を司る部位は頭蓋骨内部にあるので、首をはねた時点で身体は死に体になってしまう。

まとめ:バキの話って・・・

ウソってこと!?
跳ねた後、走り出すってニワトリじゃないんだから無理なの!?
信じてたのにッッッ!!

でも、切断後しばらくは脳波が観測できているってことは、適切な処置をすれば生首状態でも蘇生させられるってことだよね?
生首への応急処置が上手くいくパターン・・・あるのか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。