日記

嗅覚異常の友人と季節の匂い

春夏秋冬

嗅覚が異常に悪い友人がいます。
どの程度悪いのかというと、カップヌードルカレーの匂いが良く藁数、
近くで思い切り臭いを嗅がないと、にんにくや、胡椒などのの匂いも分からない程には鼻が悪いです。
どうやら、実家の近くに食品加工工場があり、その臭いが強烈だったため、自己防衛のために嗅覚が落ちたとか落ちなかったとか。
病院へ行け行け行っているんですが、生きていく上で本人はそこまで気にせずに過ごしている感じです。

さて、そんな友人を踏まえて『季節の匂い』みたいな話になりました。

季節の匂い

季節の匂いってあるじゃないですか。
同じ気温でも、初夏と初秋だと匂いが違うって思いません?
そんな、思い思いの匂いを出していく・・・

春の菜の花の匂い
夏の緑の匂い
秋の金木犀の匂い
冬の灯油の匂い
etc…etc…

友人「そういう匂いってわかんない」

友人曰く、「季節は、日の長さや気温の変化で感じるもの」
それはそうなんだけどさ、季節は五感で感じるけどさ。
季節に関してはひときわ嗅覚が知覚すると思うんだよね。

友人「でも、分かんないし・・・」
うーん、もったいない・・・

五感で感じる季節

嗅覚を除く五感の場合、どんな感じで季節を感じるだろう・・・?

視覚

聴覚

初春の鳩の泣き声
田んぼに水が入るとカエルの鳴き声。
夏の日中はセミ。
夜が涼しく秋は鈴虫などの合唱が。
冬は木枯らしの音。
雪が降った早朝はシンとした静けさ。

触覚

春の暖かくなってきたポカポカ陽気。
夏の茹だるような暑さと汗の不快感。
海や川遊びでの爽快感やエアコンの風。
秋の朝晩の肌寒さ。
冬のしびれる寒さと灯油ストーブの暖かさ。

味覚

春は苦みのある山菜。
夏は冷やし中華やうどん、そうめん。
秋の収穫祭。
冬はみんなで囲む鍋。

まとめ:五感で季節を感じよう

思ったことをだらだら連ねていったらそれぞれの季節の良さが見えてくるんだよなぁ
これから暑くなってくるけど、夏の暑さも楽しめるような生活を送りたいよね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。