自己啓発&ビジネス

【たった一人の熱狂】熱を持って狂ってきた男の重みのある言葉集【見城徹】

『たった一人の熱狂-仕事と人生に効く51の言葉-(見城徹 著)』の感想レビュー。

本の紹介

トークアプリ755で200万人が熱狂した「見城徹のトーク」を元に大幅に加筆した単著初の書き下ろし。

「仕事」とは何か、「人生」とは何か。
「圧倒的努力」「圧倒的結果」とはどのレベルを指すのか。
「金」は全てか、「愛」とは何か、「死」とどう向き合うか。
数々の伝説的ベストセラーを生み出してきた見城徹の生きざまを通して、圧倒的結果を出すための仕事論。
ブレずに生き切るための人生論を51の言葉にして収録。

「癒着に染まれ」「一撃必殺のキラーカードをつかめ」「スランプに浸かれ」
「野心なんか豚に食われろ」「金が全てだ」など、
全てのビジネスマンの心臓に突き刺さる見城徹魂のメッセージ。

感想

見城氏の実戦で培ってきた経験則と持論を展開していく本著。
稼いでるビジネスマンってみんなこんな感じなのかよ・・・

読書という荒野を読んで、見城氏の他の本も読んでみた。
出版順で言うと、
たった一人の熱狂→読書という荒野の順番なので逆に読んでいるね。
内容は重複するところが散見したので、どちらか一冊読めば熱量は伝わってくる。

ただ、どちらを読むにしてもこの熱量は劇薬。
自分を発奮するための良薬になるか、
圧倒され心が折られてしまう悪薬になるか・・・
それは読み手次第。オススメ!

作中の言葉

職を転々としながら、茫漠とした気持ちで天職を見つけようとしても、巡り合えるものではない。
自分を痛めながら何かに入れあげる。
生き方の集積が全てを決めるのだ。

うっ、ぐぐぐ・・・
テキトーに生きている人間には刺さる・・・

努力することに意味があるなどと言うのは単なる人生論であって、
仕事に関して言えば「成功」という結果が出ない努力に意味はない。

ど、努力は尊いんだっ!
け、結果がでなくてもその過程が尊いんだっ!
→違うよ。

う、うわあああぁぁぁッ!!

「もうダメだ」からが本当の努力である。
圧倒的努力ができるかどうかは、要は心の問題なのだ。
どんなに苦しくても仕事を途中で放り出さず、誰よりも自分に厳しく途方もない努力を重ねる。
できるかできないかではなく、やるかやらないかの差が勝負を決するのだ。

結果の出ていない僕の努力はまだ足りませんか・・・?
足りないんだろうなぁ・・・
や、やるしかないッ!

圧倒的結果を出せば、車内で僕の足を引っ張る妬みの輩などいなくなる。
なにしろ角川書店の売上年間ベスト10のうち、僕が担当した本が毎年、7割は占めているのだ。
会社のためにずば抜けて利益を上げていることは誰もが認める客観的事実だった。
だから月400万円近く経費を使おうが、誰も文句は言わなかった。言わせなかった。

文句を言わせなかった。
か、カッコイイ・・・!

僕の職場での行動はまだまだ突き抜け度が足りないから邪険にされてしまうんだな・・・
※それだけじゃないかもしれないけれど

有名か無名化、金持ちか貧乏か、そうした尺度で幸福は測れないのだ。
そんなものは所詮、幸福を測るうえでの相対的な基準でしかない。
要は死ぬ瞬間に自分が満足できていればいいのだ。

周りが見て、悲惨な人生だったとしても、
自分が満足しているなら最高の人生・・・

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。