日記

アナログ図書館時代の遺物

図書館

図書館のレンタルが電子化されている昨今、
借りた本の後ろに懐かしい飾りが。

地元の図書館も、
家を出た先の図書館も、
みーんな綺麗になった。

利用しやすいんだけれど、なんか寂しい。
きったねー建物で図書館は二階の薄暗い廊下の奥、
だから人が寄り付かず、閑散としていて、
空調が古くて、紙のにおいが充満した室内・・・

俺の図書館の原風景。
そんなものが懐かしく感じる。

小学生のころ、
母ちゃんの自転車の後ろを一回り小さい自転車で必死についていった。
ワクワクしながら図書館へ向かう道は、夏だ。
一年中通っていたはずだけど、なんでだろう?

良く借りていた本は、『ゲゲゲの鬼太郎』
挿絵のあるハードカバーの小説だったと思うんだけれど・・・
画像、見つからないや。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。