日帰り

【雅楽の湯】食事が充実した日帰り温泉施設【埼玉県】

温泉施設『雅樂の湯』全景

埼玉県杉戸市にある『雅楽(うた)の湯』。

ビュッフェ形式の食堂があるという話を聞いたので、
夕食がてら温泉の入浴に行ってきました。

場所

〒345-0036 埼玉県北葛飾郡杉戸町杉戸2517

営業時間

10:00~24:00

料金

雅樂の湯料金表
大人 1,050円
※バスタオル、ハンドタオル、館内着付
※休日は+100円。
※19:00以降、夜割引き-200円。

食事

雅樂の湯-ビュッフェレストラン
ビュッフェレストラン『irodori』
和食レストラン『みやび』
と二か所の食事処がある。

今回は、『irodori』をチョイス。
料金は、大人1,580円で90分制。
ビュッフェ形式の食べ放題だ。

館内の料金は、入館時に渡されるバーコードキーによって管理。
キャッシュレスで全てのお買い物が可能。
退館時にまとめて生産するスタイルなのでついつい散在してしまう。

料理

常時、45種類以上もの料理を揃えてある。
ビュッフェの楽しみって少量で多種類楽しめることだよな~
小食の僕には大変ありがたいシステムなのです。

個人的に美味しかったのは、

・ごぼう揚げたのにカボチャついてるやつ
ごぼう好き、カボチャ好き。これは僕のための料理か!?

・そば
茹でて時間がたっているはずなのにこのコシは凄い!
うどんコーナーにある肉汁で食べた。

・カボチャプリン
濃厚なカボチャの味と苦みが強いカラメル。
甘すぎないのがグッド!

館内移動

ビュッフェはついつい食べ過ぎてしまうのが難点だな。
食事が終わったので風呂へ移動する。

が、食事処から風呂まで廊下が長い!
食べ過ぎた体を動かすのはきついぜ・・・

風呂の前で引き換えタグを渡し、タオルを受け取る。
入浴したら帰るだけなので、館内着の受け取りを拒否したら、
ポイントカードに1ポイント追加してくれたよ。やったぜ!
ポイントカードが溜まりきることはないだろうけど・・・

入浴

内湯の室温、寒ッ!!
掛湯して、サウナを探す間、凍えそうになったぞ!

サウナ

そこまで温度は高くない。
光量弱めで暖色系の灯り。
薄暗さの中に温かみがあってグッド。
広さもゆったり出来てよかった。

寝転がるのは厳禁だぞ!
※注意事項にテープで追記されてた

水風呂

ここの水風呂は素晴らしい!
水風呂のマナーとして、サウナ後は汗を流してから水風呂に入るという暗黙のマナーがあるんだけど、
掛湯(水)って冷たいから気合入れないとじゃん?

ところが、雅樂の湯の水風呂は水風呂の横に掛湯専用のぬるい水が用意されていたのだ!
これは助かるわ~

水風呂自体も、階段状に深くなるように設計されていて、最深は100cm。
座らないでもある程度水に浸かれるこの深さはありがたい。

五右衛門風呂

水風呂はよかったけど、五右衛門風呂は残念だった。
五右衛門風呂のコーナーは独立していて、五右衛門風呂に入る目的のために歩く通路がある。
辿り着いた先は行き止まりで、先客が居たら来た道を戻らねばならない。
五右衛門風呂は三つあるんだけど、それぞれが独立した通路。

入浴でメガネを外している僕は、ちょっと踏み込んで確認→引き返すを繰り返してしまった。
せめて、行き止まりじゃなくて、他に繋がっていればなぁ・・・

ようやく五右衛門風呂に入れても、水温が非常にぬるい。
むしろ、寒い。
夜とは言え、今は初春。
初春でこの温度じゃ、冬だったら凍えちゃうんじゃないか?

温泉

泉質:ナトリウム-塩化物温泉

舐めてみるとしょっぱい。

濁り湯のため、足場が見えないのが怖かった。

まとめ

雅樂の湯の風呂は全体的にぬるめ。
長湯がしやすいけど、あつめの風呂があと一つくらいあってもよかったかも。

水風呂は素晴らしかったなぁ

食事が充実した施設。
入浴も長湯ができる仕組みがグッド。
半日楽しめる設備となっております。

次機会があれば、岩盤浴も試してみたいな。

オススメ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。