日記

ホンダ、国内初の自動運転レベル3機能を搭載した車を発売

自動運転

ホンダが車の自動運転レベル3を国土交通省から型式指定を取得したと発表しましたァン!!
国内初のレベル3取得!

搭載される車は『レジェンド』。
年度内に発売だって!

へぇ~乗ってみたいねぇ~
お値段はっと・・・な、七百万超え!?
・・・手がでねぇや。

ケッ、そもそも自動運転ってなんなんだよ!?アァン!?
レベルが五段階あって、今回のはレベル3だぁ?
へぇーほぉーすんごいんだねぇ!!

自動運転レベル表

レベル0

運転自動化なし

人間が100%運転する状態。
オートクルーズや自動ブレーキが無い車種も珍しくなってきたよね。

レベル1

運転支援

車の加減速や左右幅の支援を行う。
高速道路でのオートクルーズなんかはこれに該当。

まだまだ人間の支援が必要な状態。

レベル2

部分運転自動化

自動ブレーキやライトの自動制御などの機能。
僕の車は、オートクルーズは付いてないけど、自動ブレーキ機能が付いてる。
その場合はレベル2でいいのかな?

レベル3

条件付き運転自動化

イレギュラーな状況を除いて自動運転化。
一般道はイレギュラーだらけだから最初は高速道路から?

今回ホンダが出すのはこのレベル。
高速道路で完全自動化になるわけだけど、
最初は怖くてなかなかハンドルとブレーキから手を離せなそうだ。

レベル3の罠
機械を信用しすぎて、手動運転への切り替えが遅れて事故を起こしてしまうケースの懸念。
なので車会社によってはレベル3を無視してレベル4の開発をしているところもあるとか。

レベル4

高度運転自動化

限定的な状況であれば、どんなイレギュラーなことが起こってもすべて自動運転で対応可能というもの。
限定的な状況がどこまでを指すのか?
高速道路は当然として、一般道の国道はOK?
それとも、登録した地域ならOK?
解釈がかなり分かれそうだ。

レベル5

完全運転自動化

どんな道でもどんな場所でもどんなシチュエーションでも完全自動化!
寝ていれば目的地に到着している。

まとめ

良い車は高い!以上!!

冗談はさておき、自動運転の技術が盛り上がっているのはいいことだよね。
自動運転がもっと普及していけば、老人による誤操作暴走も減るだろうし、
免許取り立ての若者も事故率がへる。

というか、完全自動運転までいけば免許を取る必要もないし、
車を処理する必要がなくなるのでは?

自動運転が巡回している車に乗り込むとか、
手配すれば自動運転車が自宅まで迎えに来てくれる。とか。
そんな定額サービスが普及していきそうだよね。

僕の親父も60歳を超えたし、運転が心配だし、
僕も3,40年後は今の親父と同じくらいの年になるし、
そこまで運転が上手って訳じゃないからさ、
そのころまでには完全自動運転の技術が浸透しているといいなぁ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。