日記

人工赤血球が登場。天然赤血球より高性能だぞ!

赤血球

赤血球、それは血の色を赤にしている細胞。
赤血球、それは体中に酸素を供給する細胞。
赤血球、それは、ほら、あれ、鉄分含んでいるヤツ。

そんな生物にかかせない細胞、赤血球を人工的に作り出すことに成功したそうな!
しかも、天然の赤血球より高性能なんだって!

てか、そもそも赤血球って身体にどれくらいあって、どんな役割しているのよ?

赤血球とは?

みなさんの体の中には、体重の約1/13リットルの血液があります。
例えば、体重が52㎏の人なら4リットルほどの血液が体内にある計算になります。
この血液1リットル中には約(400万~500万)×(10の6乗)個の赤血球があるので、ざっと計算すると、16000000000000~20000000000000個の赤血球が体の中にあるのです。

赤血球の寿命は約120日で、毎日、体内の1/120の赤血球が壊されますが、同じ数の赤血球が作られ補給されることによって、体内環境が保たれています。
赤血球や白血球などの血液細胞は、骨の中の骨髄という組織で作られます。
骨髄の中に赤血球・白血球・血小板の元になる赤ちゃん細胞があり、それが分化・成熟し、準備のできた赤血球だけが、血管に放出されます。
作られたばかりの若い赤血球は、血管に放出されて時間が経った古い赤血球に比べると、細胞の大きさはやや大きくなっています。

赤血球の役割は、体の隅々へ酸素を運ぶことですが、これには、赤血球に含まれているヘモグロビンという物質が重要となります。
ヘモグロビンは、内部に鉄を持っており、鉄1分子に対して酸素1分子と結合することができます。
赤血球が肺の中の毛細血管を通り抜けるときに酸素を取り込み、体の隅々の血管で酸素を放出しています。
赤血球はこの仕事をしながら、血管内を距離にすると500キロメートル走り続け、120日経つと寿命を終えます。

赤血球はこのようにして毎日、私たちの身体のエネルギー原となる酸素を運び続けているのです!

みどり病院より

人工赤血球の登場

研究者たちは長年、この赤血球の持つ運搬能力を模倣する、人工赤血球の開発に取り組んできました。

なぜなら、赤血球の酸素運搬能力を模倣できれば、酸素の代わりに薬剤を運ばせて癌細胞を攻撃したり、極小の磁石を散りばめることで血流の自在な調整が可能になるからです。

しかし、これまで作られていた人工赤血球は、運搬能力は備えているものの、毛細血管に入り込む柔軟性に欠けていました。

ですが今回、米国DARPA(国防高等研究計画局)傘下の空軍研究室と中国政府の支援を受けた研究者たちによって、実際の赤血球のような柔軟性を持ち、アタッチメントを変更することで酸素以外にも様々な物質を運搬可能な、モジュール式の人工赤血球(超赤血球)が開発されました。

ナゾロジーより

毛細血管まで入れるほど微小な細胞を作り出す技術・・・ゴクリ
献血目的での開発のみならず、さらに強化された赤血球とか凄すぎる。

酸素を運ぶだけじゃない!

天然の赤血球はヘモグロビンしか搭載できませんが、人工赤血球は表面構造や充填物を調整することで様々な積み荷と結合、あるいは積載が可能になります。
そしてこれらの積み荷は、人工赤血球に載せられ、毛細血管の先まで到達させることが可能です。
マウスを用いた生体実験では、人工血液は48時間にわたり効果を発揮し、長期(4週間)にわたって無害であることも判明しました。
人工赤血球によ寄せられている期待は大きなものです。
人工赤血球の積み荷に致死性の高い毒素を入れれば、癌細胞や感染症と戦うことも可能になります。

ナゾロジーより

完全に、SF世界のマイクロマシン療法に近いヤツじゃん。
今まで、難治や不治だった病気が治る世界が来るんだね。

最強の兵士を生み出せ!

医療目的以外にも、
酸素運搬能力を向上させた改造ヘモグロビンを人工赤血球に載せることができれば、
アスリートや兵士の身体機能を一時的に増加させられる他、
高機動によって生じる高Gでも失神しにくくなります。

ナゾロジーより

人間の問題で不可能だった戦闘機の高負荷アクロバット戦術も可能になるってことだね。
技術が陳腐化してだれでも利用できるようになったとき、犯罪に使われるのが怖いけど・・・
・・・けど、使ってみたい・・・!!

いつ、手軽に使えるようになるのかな?ワクワク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。