漫画

【BLUE GIANT】JAZZにかける熱意に胸を打たれる逸品【石塚真一】

『BLUE GIANT』1巻表紙

JAZZ漫画『BLUE GIANT(石塚真一 著)』の感想レビュー。
よく利用する風呂屋の漫画コーナーで時間つぶしで読んだら熱中して一気読み!
一気読みさせてしまう熱量がこの漫画にはあるッ!

あらすじ

ジャズに心打たれた高校3年生の宮本 大は、川原でサックスを独り吹き続けている。
雨の日も猛暑の日も毎日毎晩、何年も。
「世界一のジャズプレーヤーになる…!!」
努力、才能、信念、環境、運…何が必要なのか。
無謀とも言える目標に、真摯に正面から向かい合う物語は仙台、広瀬川から始まる。

努力描写

圧巻なのが努力描写。
毎日河原でサックスを吹き続けるんだけど、それが真夏の炎天下だったり、雪が降る年末だったり。
雨が降ったら雨が防げる場所に移動して何時間も練習する。
それを、毎日毎日愚直に行う。
他人が真似できないレベルの反復ってほんとスゲーわ。

最初は我流で練習していて、正しい技術を教えてくれる師匠が出てきて、演奏が上手くなって・・・。

自分もピアノ練習しているけど、一日10分くらいの練習しかしてない。
日課として継続はしているけれど、これを3時間毎日やれ。
ってなったらちょっと続けらんないよなぁ・・・。

好きってのはとても羨ましいよ。

ハイパーポジティヴ

主人公の大がハイパーポジティヴなのもこの作品の売り。
同じ作画繋がりで、『岳』の主人公もハイパーポジティヴだったけれど・・・
このくらい「なんとかなるか~」くらいの考えじゃないと、悩んじゃって偉業を成し遂げられないのかも?
僕も悩まずに生きたいけど、ついつい将来のことを考えたりしてなんか絶望してる。

JAZZ描写

ジャズよく分かんないけど、観客の反応が演奏で反転するのが良いよね。
如何に馬鹿にされようとも、演奏の実力で全てをねじ伏せる。
そこがカッコイイんすよ。

まとめ:読もう

『BLUE GIANT』 全10巻。

続編として、『BLUE GIANT SUPREME(全11巻)』『BLUE GIANT EXPLORER(刊行中)』がある。
まずは、『BLUE GIANT』の一巻を読んでみてくれ。
僕は何気なく手に取って読み始めたらハマってしまったんだ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。