小説

【伊坂幸太郎】【陽気なギャングは三つ数えろ】明確な悪意にどう立ち向かう?

『陽気なギャングは三つ数えろ(伊坂幸太郎 著)』の感想、レビュー
前作、『日常と襲撃』から9年ぶりの書下ろし!
ってことだけど、三作連続で読めるのはバッチ処理の強みだね!ヤッタゼ

あらすじ

陽気なギャングシリーズの三作目。

陽気な銀行強盗ギャングの一味、天才スリ師の久遠は、消えたアイドル宝島沙耶を追う記者火尻を暴漢から救う。
だが彼は、事件被害者のプライバシーをもネタにするハイエナ記者だった。
ひょんなことから正体に感づかれギャングたちの身辺で、当たり屋、痴漢冤罪などの嫌がらせが頻発。

原因は火尻。
火尻は、「証拠が無くてもどうとでもなる」と自信の借金を肩代わりさせようと成瀬達に迫る。

火尻のハイエナ記事によって被害を受けた面々と接触し、なんとか危機を脱しようとするが、
相手の土俵で勝負しなければならない状況で、徐々に成瀬達は追い詰められていくが・・・?

陽気なギャングたち

たまに集まっては銀行強盗に勤しむ四人組。
防犯技術の発展にそろそろ店じまいを考えているが・・・?

成瀬

嘘を見抜ける能力者。
ギャングのリーダー。

響野

演説の達人。というか、喋るのが好き。
回を進めるごとにチーム内での扱い、ポンコツ具合が上昇中

久遠

人間以外の動物を愛し、スリを得意とする。
今回、動物の絵を描くのが上手いことが判明。

雪子

完璧な体内時計をもつ女性。
一秒の狂いもない特殊能力が目立ちがちだけれど、
緻密な経路調査と、
無茶を実現するドライビングテクニックの方こそ注目するべきかもしれない。

今回の敵

火尻

ライター。
取材した事実しか書かないが、大衆が食いつきそうな表現を用いる。
事件と関係ない部分を掘り下げてさも被害にも問題がありました風を装う。

例1

通り魔事件にあったOL。可愛そうに。
けど、実は副業で性風俗業界で働いていました。
そのせいで帰宅が遅くなったのでは?
夜道をあるいていたのは自己責任もあるよね。

例2

食品メーカーが食中毒事件を起こしました。
今後、再発防止をしっかりと行ってください。
あ、ちなみに、社長には愛人が居たらしいですよ。

そのため四方八方に恨みを買う。
また、事件対する嗅覚が非常に良く、左手を怪我した久遠と銀行強盗に左手を怪我した人間がいることを結び付け脅してくる。
※最初は捏造で強請ろうとしていた?

感想

毎回のことながら前半の些細なことが後半に生かされる展開はいいね。

前二作は誰かの事件に首を突っ込むうちに巻き込まれる展開だったけど、

地球を回す:雪子の元旦那の借金問題に巻き込まれる
日常と襲撃:成瀬同僚の婚約者誘拐に巻き込まれる
三つ数えろ:悪徳ライターに強請られる

今作は自分たちが直接被害を受ける展開。
悪役も直接手を加えていないけど、なかなかの悪党っぷり。

ただ、現実世界でも事件に関係ない情報も面白おかしく記事に乗せるなんてのはあるよね。
群衆倫理に背く内容だったらどうしたって好機の目で見られちゃう。

成瀬達はそういう情報を武器にする輩に絡まれちゃったわけで、一時的に和解したりこらしめるだけではいつかまたたかられる。
その解決策は上手いことやった。
『日常と襲撃』と似たような展開になっていたけど、火尻のほうが被害度が上&目の前で裁かれるからより溜飲が下りる。

ギャングたちは人は殺さないの前提だけど、動物も殺さないのが良かったね。
ほとぼりが冷めたら大桑に返却されると良いのだけれど。

created by Rinker
祥伝社
¥692
(2020/09/24 11:20:33時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
祥伝社
¥723
(2020/09/24 11:20:32時点 Amazon調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。