映画

【キッズ・リターン】視聴者の心情を映し出す青春群像劇【北野武】

映画『キッズ・リターン』表紙

映画『キッズ・リターン(北野武 監督)』の感想レビュー。

公開年度は、1996年。
その当時の高校三年男子の日常というか、
将来が見えない事の不安、
大人の世界の洗礼、
を描いた作品。

作中に漂っている、目標の無い高校時代の気だるさや、将来に対する気持ち(不安さ)は普遍的なもので、
大人になった今みても、視聴後は腹のなかにズドンと重しが乗っかっている。

あらすじ

落ちこぼれの高校生マサルとシンジは、高校が受験ムードになっても悪戯やカツアゲなどをして勝手気ままに過ごしていた。
ある日、カツアゲの仕返しに連れて来られたボクサーにノされたマサルは、自分もボクシングを始め友達のシンジを誘うが、皮肉にもボクサーとしての才能があったのはシンジであった。

ボクシングの才能がないと悟ったマサルはボクシングをやめ、以前にラーメン屋で出会ったヤクザの組長のもとで極道の世界に入り、二人は別々の道を歩むことになる。
高校を卒業しプロボクサーとなったシンジは快進撃を続け、マサルは極道の世界で成り上がる約束をするのだった---。

感想その1

北野武監督がバイク事故後に制作された映画。
死を疑似体験した北野が、「死ぬこと」に焦点を当てていたそれまでは対照的に、「生きること」に焦点を当てて撮った作品とされる。
残酷で冷淡な暴力描写や、キタノブルーの独特な色彩などはそのままに、夢を追いかけた若者がやがて敗れていく様を描く、青春群像劇である。

青春群像劇。
この言葉いいなぁ
メインはマサルとシンジだけど、とある高校の生徒たち数人を描いたまさに青春群像劇。

マサル

高校三年の日々に生きがいを見いだせず、悪戯、カツアゲに酒タバコと発散している。
ある日、カツアゲの仕返しにボクサーにボコられてボクシングジムに入門。
誘ったシンジの方がボクシングセンスがあるのが分かって絶望。一時期引きこもりに。

その後、極道の世界に身を落とすも、組長がヒットマンに殺される。
組の対策会議中、会長に啖呵を切ったことでオトシマエを付けさせられ破門となる。

その後、シンジと再会するも無職。

シンジ

マサルの腰巾着で、同級生のマサルに対して何故か敬語。
マサルと一緒に始めたボクシングに適正があり、プロボクサーとしてデビュー。
しかし、悪い同僚に酒とタバコを勧められ、思うように減量が進まずに引退。

その後はなにかしらの仕事をやっていたものよう。

喫茶店で口説いていた人

女性を口説くために足繁く喫茶店に通い、結ばれた。
行動力あるじゃんこいつ!
なんて思っていたけど、何となくで就職し、
仕事を辞める友人にそそのかされて一緒に退職。

最初の会社より待遇の悪いタクシー会社に転職。
最後は過労から居眠り運転、事故のコンボ。

まるで、転職を繰り返している僕のようだ・・・

漫才師を目指していた二人

高校時代から友達に漫才を披露していた二人。
マサルに馬鹿にされながらもコツコツやってきており、
最後は小さい劇場ながらもお客さんの前で笑いを取れるまでに。

ちゃんと努力をし、積み上げた結果が他の人たちとの差が出た。
本作での唯一の希望。

いや、これを見せられるからこそ余計沈鬱になるのかもしれない。
今の僕が満足に生きていない(やりたいことをやっていない)部分があるので・・・

感想その2

高校生の日常を淡々と描き、淡々と終わっていく。
個々人の人生に波があるものの、大筋は変わらない。
一部の努力した人間と、普通の人間と落ちこぼれ。

非常にシンプルなストーリーだけど淡々とした描き方にリアリティを感じる。
今の学生たちに通用する行き場のない若者の焦燥感(不満、不安、やり場のないイラつき)、
声にならない葛藤を表現している作品。

学生時代、自転車で校庭で走る二人と、
大人になってから自転車で校庭を走る二人。

この対比がとても良い。
自転車って、バイクも車も乗れない頃の移動の手段。
青春時代の象徴だと思うんですよね。

大人になってからバイクで校庭を走る演出だと、
違うなーって思ってたと思う。

作中最後の

シンジ「まーちゃん、俺たちもう終わっちゃったのかな」
マサル「バカヤロー、まだ始まってねーよ」

シーンは、ズドーンと腹に重いものを残して終わる。

マサルは、本当に始まっていないと思っているのか?
強がっているだけなのか?
「(俺は終わったけどお前は)まだ始まってねーよ」
だったりするのか?

とある高校の生徒たちのその後、
芽が出始めた一部と普通とそれ以下がほとんどを占める卒業後。
これが現実。

最後のやりとりを希望とみるか絶望とみるか。
なんとも後味の悪いものを残す作品だったけど、また見たいなとも思わせてくれる作品。

オススメです!
※ただし、見るときは腹に力を入れて見てください。
心が弱っている時には見ない方がいいです。

ラスト

母校(高校)のグラウンドにて。
マサル「何もかわってねぇな」
シンジ「えぇ・・・」

授業中、教室の窓から外をみる生徒
先生「小野、外ばっかり見てるんじゃない」

マサル「俺たちみたいなバカ、まだいるかな」
シンジ「もういないんじゃないっすか」

シンジ「おーいバカ、勉強してるか!?」
マサル「おい、シンジやめろよ!w」

先生「まったく、あのバカども」

シンジ「まーちゃん、俺たちもう終わっちゃったのかな」
マサル「バカヤロー、まだ始まってねーよ」

シンジ「ハハハハ…うん」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。