日記

結構簡単レシピ?自家製みそ作りに挑戦!

味噌作り_潰した大豆を移動

自家製味噌作りの手伝いをしました。
普段食べている味噌はこうやって作られていたんだな~
レシピ紹介!

分量

大豆 2kg
味噌作り_大豆

麹(こうじ) 2kg
味噌作り_こうじ

塩 1kg
味噌作り_塩

大豆を茹でる前に

一晩、大豆を水に漬けておく。

豆を茹でる

水分を吸わせた豆をしっかり火が通るまで茹でます。

ガス台を全部使っても足りないので七輪も動員。
寸胴鍋でもあれば一台で済むんだけれど・・・
味噌作り_七輪

炭火で茹でた豆は味に深みが出る!・・・かも
味噌作り_豆沸騰

茹で終わったら火を止めて手で触れる温度まで冷ます。
※茹で汁はこの後使うので捨てないように!

塩こうじの準備

2kgのこうじに対して800kgの塩を混ぜる。
※web上のレシピだと2kgのこうじにたいして1kgの塩と書いてある。
塩を減らすことによって味噌が甘めになるよ。
味噌作り_塩こうじ

そこに400mlの茹で汁を投入!
こうじ菌は熱に弱い。
アツアツの茹で汁を入れるとこうじ菌が死んでしまうので、60度以下に冷ましてから入れよう!
※その後、素手で混ぜることを考えると40度ていどまで冷ますのがベストだ!
味噌作り_大豆茹で汁

塩、こうじ、茹で汁が馴染むようにしっかり混ぜる。
※茹で汁が足りないと思ったら追加しながら混ぜよう!

しっとりとした塩こうじの出来上がり。
味噌作り_こうじと茹で汁mix

豆を潰す

茹でた豆が手で触れるくらいまで覚めたら豆をつぶす作業。
フードプロセッサーでミンチにしてもいいけれど、
我が家は頑丈な袋に入れて足で潰す!

味噌作り_豆潰し前

豆の中心部には熱が残っていて結構熱い
味噌作り_豆潰し後

容器に開ける

綺麗に潰せたら大きな容器に開ける。
この時、潰しムラがあってもそれはそれで手作りの味になるので良し。
フードプロセッサーには出来ない芸当だ。

味噌作り_潰した大豆を移動

茹で汁溶き塩こうじも投入!
味噌作り_こうじ合流

混ぜる

均等になるようにひたすら混ぜる。
ここが一番の力仕事。
こねては混ぜ、混ぜてはこねるの繰り返し。
これは、明日筋肉痛だぜ・・・
キーボードを打つ手がつらい。
味噌作り_混ぜる

保存容器にうつす

しっかり混ぜ終わったら、保存容器に移す作業。
ソフトボールほどの大きさの味噌種を手に取り、
右手と左手でキャッチボールし、中の空気を抜いていく。

抜き終わったら隙間に空気が入らないように容器に投げつける!
端っこから思いきりスローイン!

味噌作り_容器に叩きつける

それをひたすらくりかえし、最後はこぶしで駄目だしの空気抜き。
味噌作り_保管形態

重しをのせて完了

最後に、味噌種が空気に触れている所に塩をまぶしてカビを防止する。

味噌作り_保管形態

さらにサランラップで空気の侵入を防ぎ、重しを乗せて冷暗所で保管。
ひと夏過ぎれば食べごろよ!

created by Rinker
百川味噌㈱
¥2,725
(2020/11/28 16:56:08時点 Amazon調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。