読書

2019年好きな作家ランキング

2019好きな作家ランキング

2019年度好きな作家ランキングというものを見つけました。
古くから活躍していて、今はあまり新作を出さない作家や、
亡くなってしまった作家も登場するランキング。
死後も版を重ねて売り続けるってすげーよ・・・

あ、売れ筋ランキングじゃなくて、好きな作家か。
うーん、毎年変動が少なそうなランキングですね。
読んだことが無い作者もあったので、代表作と合わせてまとめてみました。
()内は昨年度の順位です

1位:東野圭吾(1)

デビューから、毎年一冊以上出版し続けている出し続けている猛者。
様々なジャンルを扱うので支持層の多様性が凄そう。
V5。
一定水準以上のクオリティで継続するのってやっぱすげぇや・・・!

・代表作
仮面山荘殺人事件
ガリレオシリーズ
加賀恭一郎シリーズ

2位:宮部みゆき(5)

現代ミステリーの重鎮。
小説の表紙が統一されてる感ある。
読んだことあるのは、模倣犯だけだわ・・

・代表作
模倣犯
蒲生邸事件
理由

3位:同票2人

司馬遼太郎(3)

歴史小説作家といえばまず名前が上がる人。
司馬史観と呼ばれる単語がつくられるほど。
※良い意味じゃないんだけどね

初めて読んだ司馬作品は、親父の本棚にあった『竜馬がゆく』。
中学生には難しすぎて、途中でやめちゃったよ・・・

・代表作
坂の上の雲
竜馬がゆく
燃えよ剣

湊かなえ(2)

“イヤミス(読んだ後に嫌な気分になるミステリー)”というジャンルを世に広めた人。
『告白』は確かに嫌な気分になった。
けど、ページをめくる手が止まらないんだ。

・代表作
告白
往復書簡
ユートピア

5位:村上春樹(6)

「敷居の低さ」で「心に訴えかける」文章を心掛けている人。
女性の描写が妙にエロティック。

・代表作
ノルウェイの森
1Q84
ねじまき鳥クロニクル

6位:池井戸潤(4)

初めて読んだのは、『オレたちバブル入行組』。
その後、友人の勧めでドラマを見ていたらどこかで見たことあるような展開が・・・?
というのが、印象に残っている。

その後、何作か読んだけど、
毎回、似たようなパターンな気が・・・?

・代表作
半沢直樹シリーズ
下町ロケットシリーズ
花咲舞シリーズ

7位:松本清張(11)

活動期間:1950年~1992年。
それでも7位にランクインするって凄い。
推理小説、歴史小説、近代史、古代史、幅広く活躍してたみたい。

・代表作
点と線
けものみち
白い闇

8位:池波正太郎(24)

戦後を代表する時代小説・歴史小説作家。
鬼平犯科帳、好き。

・代表作
鬼平犯科帳シリーズ
剣客商売シリーズ
仕掛人シリーズ

9位:赤川次郎(9)

作品数500作越えのモンスター作家。
次郎繋がりで浅田次郎とどっちの作品かわからなくなるときがある。

・代表作
三毛猫ホームズシリーズ
三姉妹探偵団シリーズ
幽霊シリーズ

10位:同票3人

浅田次郎(7)

故人。
障害作品数962作とこちらもモンスター作家。
次郎って名前がつく作家は多作なの?

・代表作
蒼穹の昴
鉄道員(ぽっぽや)
壬生義士伝

西村京太郎(16)

十津川警部の人。
トラベルミステリーの第一人者。
十津川警部シリーズしか読んだことない・・・

・代表作
十津川警部シリーズ

藤沢周平(13)

時代小説の人。
架空の藩『海坂藩』を通して、江戸時代の庶民や下級武士の哀歓を描いた作品が多い。

・代表作
用心棒日月抄シリーズ
獄医立花登手控えシリーズ

13位:同票3人

有川浩(8)

ライトノベル調の文章を書く人。というか、元ライトノベル作家。
僕は、塩の街、シアター、阪急電車が好き。

・代表作
阪急電車
図書館戦争シリーズ
塩の街

伊坂幸太郎(10)

時系列が無茶苦茶だけど後半に全部がつながる展開とか鳥肌モンですよ。
舞台設定や登場人物などが作品間でリンクしているのが特徴。

・代表作
モダンタイムス
陽気なギャングが地球を回す
重力ピエロ

百田尚樹(19)

史実をフィクション化して作品に落とし込み、名作を生みだす人。
『永遠の0』『海賊と呼ばれた男』『カエルの楽園』読み終わると何か動かなきゃという気になってくる。

・代表作
永遠の0
モンスター
カエルの楽園

16位:同票2人

五木寛之(12)

故人。戦争経験者。
作品は多数映画化されている。

・代表作
四季・奈津子
青春の門
蒼ざめた馬を見よ

山崎豊子(17)

『白い巨塔』、『華麗なる一族』タイトルだけは知っている作品がちらほら。
それくらい名作を生みだした人なんだなぁ

・代表作
白い巨塔
暖簾
華麗なる一族

18位:同票3人

佐伯泰英(52)

時代小説のシリーズものを多く手掛けた人。

・代表作
秘剣シリーズ
夏目影二郎始末旅シリーズ

重松清(148)

昨年度から大幅の上昇。
一体何があった!?
2018年に刊行されたのは、『たんぽぽ団地』と『どんまい』
この二作が評価されたのかな?

・代表作
疾走
とんび
流星ワゴン

林真理子(19)

80年代~現在まで活躍している作家
一冊も読んだことないので何か読んでみようかと思う。
女性視点の恋愛系が多いのかな?

・代表作
葡萄が目にしみる
みんなの秘密
下流の宴

まとめ

作品もう出していない(出せない)人も根強い人気がうかがえるランキングだった。
投票層はどの年代の人たちなのだろう?

created by Rinker
SBクリエイティブ
¥880
(2020/09/21 16:00:36時点 Amazon調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。